安全な木造住宅の注文住宅

注文住宅は高額です。少しでも費用を安くする方法をご紹介します。

どこの会社で家を建てても同じだと思っていたのですが、ある方法をするだけで 驚くほど費用に差がでました。 その方法をこちらで紹介しています

安全な木造住宅の注文住宅

日本の木造には、神社仏閣や古い民家などで用いられている昔ながらの伝統工法がありますが、
熟練した技術者が少なくなっているのが現状です。

 

原因の一つとして新築のデザインもモダンな洋風スタイルが取り入れられているからです。

 

 

 

 

私たちに身近な構法には「在来軸組構法」と「2×4構法」があります。

 

在来軸組構法は、土台、柱、梁で建物の骨組みを作り、筋かいという斜めの材や
軸組みに構造用合板などをくぎ打ちした耐力壁をバランス良く配置して、地震や風圧に耐えるよう考えられた構図です。

 

ようするに、間取りの自由度が高くなり、増建築もしやすいということです。

 

次に2×4構法ですが、断面寸法が公称2×4インチ、2×6インチなどの木材を主に使用して
「枠」を作り、その枠に構造用合板をくぎ打ちにして「パネル」化することです。
このため、「枠組壁工法」とも呼ばれています。

 

パネルが耐力壁となり、建物全体にバランス得設置することで地震や風圧、
屋根や床の荷重に耐えられるようになっています。

 

在来構法に比べて施工が簡単で、高い技能がなくても耐震性を確保できるということです。
増建築は少々難しいと言えるでしょう。

 

 

注文住宅に建て替えるまとめページ

 

 

注文住宅費用と相場うわものはいくらかかった?トップページ

 

具体的な計画がなくても大丈夫です。

まだ注文住宅をどんな風に計画していいのか分からない
そんな方でもカタログだけ集めておくとより具体的なイメージが持てるので
結果的によい家づくりができますよ♪


↓↓こちらで紹介しているサイトが、資料集めに便利なので参考にしてください。↓↓


>>注文住宅のカタログや資料だけを請求したい<<


関連ページ

防火規制
注文住宅の防火規制について
汚染物質
注文住宅と汚染物質について
階段と廊下の配置と考え方
注文住宅の階段と廊下の配置と考え方について
床下
注文住宅の床下について
収納スペースの確保の仕方
注文住宅の収納スペースの確保の仕方について
間取りのコツはリビングとダイニングにあり
注文住宅の間取りのコツはリビングとダイニング
建設から完成までに行う5つの事項
注文住宅の建設から完成までに行う5つの事項について
購入と賃貸はどっちが得?
注文住宅の購入と賃貸はどっちが得?について
注文住宅の隣近所とのトラブル
注文住宅の隣近所とのトラブルについて
鉄骨造とRC造の注文住宅
鉄骨造とRC造の注文住宅について
注文住宅の玄関の広さと収納方法
注文住宅の玄関の広さと収納方法
注文住宅の登記の流れと必要書類
注文住宅の登記の流れと必要書類
注文住宅のシステムキッチン
注文住宅のシステムキッチンのについて

我が家の体験談 注文住宅ハウスメーカー 注文住宅のうわものにいくらかかったのか? 注文住宅の費用の内訳