注文住宅の収納スペースの確保の仕方

注文住宅は高額です。少しでも費用を安くする方法をご紹介します。

どこの会社で家を建てても同じだと思っていたのですが、ある方法をするだけで 驚くほど費用に差がでました。 その方法をこちらで紹介しています

収納スペースの確保の仕方

新築で収納スペースの確保の仕方
収納スペースはできるだけ多い方がいいです。
あまりにも予算を気にするあまり収納スペースを
作らない方もいますが、これは非常にもったいないといえます。

 

 

最近では必要なもの以外は購入しない。
必要最低限のものを購入する。

 

といった傾向がありますが収納スペースを増やすことで
片づけ安い環境になることは間違いありません。

 

 

後から小物を買い足して収納スペースを作るくらいなら
最初から新築を建てる段階で計画的に作っておけば
その費用、買いに行く手間と時間が省略できますし、
何よりまとまってスッキリして見えます。

 

 

物は家族の成長に合わせて増えていきます。
予め将来を想定して収納スペースを用意しておきましょう。

 

 

物を減らすという考え方と収納スペースを増やすことは
同じ意味であると考えます。

 

 

 

収納には押入れから
食器棚までいろいろな用途がありますが、
何を収納するのかによって必要な奥行きが決まります。

 

 

本棚の場合は25センチ、下駄箱や食器棚の場合は35センチ、
整理ダンスの場合は45センチ、クローゼット洋服ダンスは60センチ
押し入れは80センチが一つの目安になります。

 

 

また扉や引き出しがある場合は、
開閉の為に動かすスペースも考える必要があります。

 

 

収納スペースを大工さんに依頼する場合と、
タンスなど既製品を購入する場合と2通りありますが、
万が一の地震や災害対策も考えて設置しましょう。

 

 

注文住宅に建て替えるまとめページ

 

注文住宅費用と相場うわものはいくらかかった?トップページ

 

具体的な計画がなくても大丈夫です。

まだ注文住宅をどんな風に計画していいのか分からない
そんな方でもカタログだけ集めておくとより具体的なイメージが持てるので
結果的によい家づくりができますよ♪


↓↓こちらで紹介しているサイトが、資料集めに便利なので参考にしてください。↓↓


>>注文住宅のカタログや資料だけを請求したい<<


関連ページ

防火規制
注文住宅の防火規制について
汚染物質
注文住宅と汚染物質について
階段と廊下の配置と考え方
注文住宅の階段と廊下の配置と考え方について
床下
注文住宅の床下について
間取りのコツはリビングとダイニングにあり
注文住宅の間取りのコツはリビングとダイニング
建設から完成までに行う5つの事項
注文住宅の建設から完成までに行う5つの事項について
購入と賃貸はどっちが得?
注文住宅の購入と賃貸はどっちが得?について
注文住宅の隣近所とのトラブル
注文住宅の隣近所とのトラブルについて
鉄骨造とRC造の注文住宅
鉄骨造とRC造の注文住宅について
安全な木造住宅の注文住宅
安全な木造住宅の注文住宅
注文住宅の玄関の広さと収納方法
注文住宅の玄関の広さと収納方法
注文住宅の登記の流れと必要書類
注文住宅の登記の流れと必要書類
注文住宅のシステムキッチン
注文住宅のシステムキッチンのについて

我が家の体験談 注文住宅ハウスメーカー 注文住宅のうわものにいくらかかったのか? 注文住宅の費用の内訳