注文住宅で押さえたい資金計画の3つのポイント

注文住宅は高額です。少しでも費用を安くする方法をご紹介します。

どこの会社で家を建てても同じだと思っていたのですが、ある方法をするだけで 驚くほど費用に差がでました。 その方法をこちらで紹介しています

注文住宅で押さえたい資金計画の3つのポイント

今回は注文住宅で費用の基本になる3つのポイントを知って頂きたいと思います。

 

 

まずは自己賃金の割合ですが、フラット35などの建設費の100%まで融資する住宅ローンが
登場したので、最近では頭金10%でも購入が可能になってきました。

 

 

 

ですが、戸建住宅を新築する場合は、支払い時期の関係もあり、
自己賃金10%というわけにはいかなくなってきました。

 

 

総費用の30%程度を用意しておくのがベストでしょうね。

 

 

 

2つ目は住宅ローンの選び方です。

 

長期返済になる住宅ローンは、1%の金利差が総額返済額に大きく影響してきます。
また、金利が固定金利か変動金利がも重要になってきますね。

 

 

変動金利は目先の金利は低くても、将来的に金利が上昇すると予想以上に返済額が
増えてしまうことがあります。
金利水準だけではなく、金利が固定か変動かどうかも視野に入れておきたいですね。

 

 

 

3つ目は、借入金額です。

 

いくら借りられるかではなく自分が家計からみて
余裕のある返済金額はいくらか、
という観点からローン金額を考えることが大切です。

 

 

 

一般的には返済額は年収の25%いかに抑えることが望ましいですね。
ですが年収によっては生活に支障がでることも忘れないようにしましょう。

 

 

 

 

注文住宅費用と相場うわものはいくらかかった?トップページ

 

注文住宅で損をする人、得する人の違い

注文住宅で損する人、得する人の違いはどこにあるのでしょうか?
ポイントは情報収集力です。
損する人は1から2社の情報しか集めない・・・
逆に得する人は最低でも4から6社の情報収集をし、自分の要望が通りそうな会社を選んでいます。
まだ注文住宅をどんな風に計画していいのか分からない
そんな方でもカタログだけ集めておくとより具体的なイメージが持てたり、新しいアイデアやデザインが
ひらめいてくるものです。
結果的によい家づくりができますよ♪

こちらで紹介しているサイトは、情報収集にとても便利です。

↓↓あなたは損する人ですか?それとも得する人ですか?↓↓


>>注文住宅の情報収集を始める<<



我が家の体験談 注文住宅ハウスメーカー 注文住宅のうわものにいくらかかったのか? 注文住宅の費用の内訳