積水ハウスの費用

注文住宅は高額です。少しでも費用を安くする方法をご紹介します。

どこの会社で家を建てても同じだと思っていたのですが、ある方法をするだけで 驚くほど費用に差がでました。 その方法をこちらで紹介しています

積水ハウスの費用

積水ハウスの費用や価格と坪単価はいくらなのでしょうか?
積水ハウスはハウスメーカーの中でもハイクラスの家を建てることができます。

 

 

積水ハウスの平屋

積水ハウスの坪単価でシャーウッドの平屋はどのくらい?

 

積水ハウスの坪単価でシャーウッドの平屋の注文住宅も扱っています。
坪単価は70万から80万ほどですね。

 

70万から80万は積水ハウスで家を建てる時の
目安金額ではないでしょうか?

 

積水ハウスの坪単価でシャーウッドの平屋は人気がでています。
人気の理由にはこんな言があります。

 

積水ハウスの坪単価でシャーウッドの平屋ではひとつ目は一つのワンフロアで暮らせることです。
一つのフロアで暮らせるということは、
家族がいつでも顔を合わせることができ、
コミュニケーションを取りやすいのです。

 

昔に比べて日本では2階建てが主流なので
どうしても家族が別々の部屋で過ごす時間が増え、
家族同士のコミュニケーションをとるスペースが少なくなっています。

 

キッチンとダイニングはコミュニケーションスペースですが、
子供が小さいころは、その2箇所でも大丈夫なのですが、
ある程度大きくなってくると顔を見る機会も減ってしまいます。

 

まず顔を合わせるという仕組みを作っておけば、
家族の絆も一層深める事ができます。

 

 

次に家族を身近に感じられることです。
先ほどのワンフロアで暮らせることと共通していますが、
日常から顔を合わせることで家族同士のすれ違いを
少なくできます。夫婦や親子関係が崩れる初期段階として
スレ違いが挙げられます。

 

平屋住宅にすることで夫婦円満、家族円満に暮らすことができます。

 

そして平屋の最も大きな特徴としては、
2階がないことです。

 

当たり前のことなのですが、少し考えてみてください。
年を取った時のことを・・・

 

 

まだ働き盛りの人には今は関係ありませんが、
年を取ると運動機能の低下があります。

 

2階建の場合年を取ってから階段を上るのが
大変になったり、階段での転倒やケガがリスクとしてついてきます。

 

しかし平屋にすることで余分な運動や家の中での
事故の予防につながります。積水ハウスの平屋では
バリアフリーにしてフラットな生活空間を提供しているので、
健康で長く住むことができるのです。

 

積水ハウスの坪単価でシャーウッドの30坪

 

積水ハウスの坪単価でシャーウッドの30坪の広さって?
積水ハウスの坪単価でシャーウッドの30坪の広さについて情報を集めてみました。

 

まず積水ハウスの坪単価でシャーウッドもいろいろ言われていますが、
70万くらいで家を作ったという人もいます。

 

坪単価が70万円で30坪の広さということは、
合計で2100万円の建物の費用が必要なわけです。

 

家を建てる時の平均的な広さは35坪なので、
少し坪数が狭いと思われるかもしれませんが、
そんなことはありません。

 

積水ハウスの坪単価でシャーウッドの30坪の家でも十分に快適な暮らしを送ることができます。
坪数が狭くても2階建て、3階建てを立てることができるので
安心をしてください。

 

リビングやキッチンもしっかりとしていますし、
寝室や子供部屋も確保することができます。

 

広さよりももっとこだわるべき部分はあります。
それがキッチンとリビングです。

 

キッチンは奥さんが料理しやすいようにシステムキッチンを導入することです。

 

最近のキッチンはシステムキッチンを導入する家がほとんどで
調理するときの動線がしっかりと考えられています。

 

またリビングを作る時も、ゆったりソファーがおける、
家全体は洋風でも和の雰囲気を感じたい
など個人の要望も細分化されているのですが、
積水ハウスではそんな要望にも対応しています。

 

 

積水ハウスの坪単価でシャーウッドの2016年はいくら?

 

積水ハウスの坪単価でシャーウッドの2016年はいくら?

 

積水ハウスのシャーウッドの坪単価は毎年変わります。
どうして変わるのかというと、
坪単価自体変化するからです。

 

まず坪単価について
説明をすると坪単価は坪数×一坪あたりにかかった単価のことです。
つまり一坪当たりにかかった坪単価ということは、
裏を返せば実際に家を建てるときにどのくらい費用がかかったのかが
わからなくてはその家の坪単価は算出できないことになります。

 

あくまでも坪単価は家を建てた後にしか分からないということなのです。

 

そのことを踏まえた上で積水ハウスの坪単価でシャーウッドの2016年について
解説していきたいと思います。

 

 

積水ハウスの坪単価のシャーウッド2016年ということは、
その年に積水ハウスで家を実際に建てた人の坪単価とういことになります。

 

積水ハウスの坪単価は平均で70万円前後からと言われています。
積水ハウスの坪単価は毎年若干の違いはあれど
同じだと考えたほうがよいでしょう。

 

つまり2016年も70万円前後というわけです。

 

坪単価で注意したいことは、金額です。

 

同じ坪単価といっても基本金額を坪数で割るのと
総額を坪数で割るのとでは金額が違ってきます。

 

ネットや情報誌で積水ハウスの坪単価について
調べることも多いと思いますが、
その辺をしっかり理解した上で読み解いて行くようにしましょう。

 

積水ハウスの鉄骨

積水ハウスの家の構造の種類に鉄骨が有ります。
積水ハウスの坪単価で鉄骨はいくらくらいになるのでしょうか?

 

積水ハウスの坪単価で鉄骨の金額は
70万円前後です。

 

この金額は積水ハウスの坪単価価格なのですが、
鉄骨も木造も同等の金額になることがあります。

 

通常積水ハウスの坪単価は、鉄骨の場合だと金額が高い
印象を受けるのですが、実は鉄骨よりも
木造住宅の方が坪単価は高くなるのです。

 

 

理由は、木造住宅は木なので製材や運搬に手間がかかります。
木造住宅といっても木の種類によっても価格が違います。

 

しかし鉄骨の場合、材料を量産できるので、
木造よりも鉄骨のほうが安く仕上がるケースがあります。

 

そして鉄骨にも種類があって、重量鉄骨と軽量鉄骨
の2種類があります。

 

軽量鉄骨は2階建てを建てるときに用いられる材料で、
通常の鉄骨に比べて軽いのが特徴です。

 

一方重量鉄骨は3.4階建てに使われる材料で、
通常の鉄骨に比べて重くどっしりしているのです。

 

 

3.4階建てにすると基礎工事からしっかりと強い鉄骨を
入れていないと高さと重量があるため
家が傾いてしまいます。

 

その分価格も軽量鉄骨よりも高いのです。

 

どの素材も耐久性、強度もしっかりとしているので安心して建てることができますね。

 

積水ハウスの太陽光

 

積水ハウスの太陽光発電の価格や商品について解説していきたいと思います。

 

太陽光発電は、屋根の上にソーラーを設置して発電するものですが、
価格は数百万円します。

 

太陽光発電といえば大きなパネルを屋根の上に載せるイメージがありますが、
積水ハウスでは通常の太陽光パネルと瓦一体型の太陽光発電の2種類があります。

 

こちらが通常の太陽光発電のパネル

 

 

 

そしてこちらが瓦一体型の太陽光発電パネル

 

積水ハウス 太陽光 瓦一体型

太陽光の瓦一体型にはどんなメリットがあるのでしょうか?

 

 

太陽光発電が始まってから最初に発売されたのが大きなパネルを屋根の上に載せるタイプ
の商品です。そして瓦一体型は後から商品発売されています。

 

つまり効率的にも後から商品販売された瓦一体型の太陽光発電がいいでしょう。
一枚当たりのパネルもサイズが小さくなっているので、設置面積も調整しやすいのが特徴です。

 

 

 

 

 

積水ハウス 太陽光 カネカ

 

積水ハウス 太陽光 シャープ
太陽光発電 積水ハウス 後付け
積水 ハウス 売 電
積水 ハウス 太陽 光 ブログ
積水ハウス メガソーラー
住友林業 太陽光 メーカー
パナホーム 太陽光 価格

 

積水ハウスの30坪

30坪の広さで価格はいくらくらいになるのでしょうか

 

30坪だけでは大まかな金額も算出することができません。

 

坪単価が必要になってきます。

 

積水ハウスのつば単価は、80万から90万が平均と言われています。

 

80万円の場合

 

30坪×80万で2400万円。
30坪×90万で2700万円。

 

ここで注意していただいたいのがこの金額は建坪の価格になっています。
建坪とは建物自体のことで家を建てるだけでこれだけの費用が
必要なわけです。

 

そして実際に貴方自身が家を建てる時に必要な金額は
もう少し上がります。諸費用が必要なのです。
諸費用は家を建てる時の総額の2割り程度です。

 

 

つまり残りの8割が建坪の費用になるので
家を建てるときには諸費用が必要だということをしっかりと覚えておきましょう。

 

積水ハウスの家の種類

 

 

積水ハウスで30坪の家を建てる場合
家の種類は木造住宅鉄骨のどちらも
建てることができます。

 

また平屋や二階建て、三階建て、4階建てを建てることができます。

 

 

積水ハウスの40坪

40坪の広さで価格はいくらくらいになるのでしょうか

 

40坪だけでは大まかな金額も算出することができません。

 

坪単価が必要になってきます。

 

積水ハウスのつば単価は、80万から90万が平均と言われています。

 

80万円の場合

 

40坪×80万で3200万円。
40坪×90万で3600万円。

 

ここで注意していただいたいのがこの金額は建坪の価格になっています。
建坪とは建物自体のことで家を建てるだけでこれだけの費用が
必要なわけです。

 

そして実際に貴方自身が家を建てる時に必要な金額は
もう少し上がります。諸費用が必要なのです。
諸費用は家を建てる時の総額の2割り程度です。

 

 

つまり残りの8割が建坪の費用になるので
家を建てるときには諸費用が必要だということをしっかりと覚えておきましょう。
積水ハウスの家の種類

 

 

積水ハウスで40坪の家を建てる場合
家の種類は木造住宅鉄骨のどちらも
建てることができます。

 

また平屋や二階建て、三階建て、4階建てを建てることができます。

 

 

40坪という広さ

 

積水ハウスの坪単価は坪数にかかわらず決まっています。
決まっていると言っても○○万円という明確な金額ではありません。

 

40坪の広さは1坪当たりの広さが畳約2畳分なので
全部で80枚分の畳の広さになります。

 

積水ハウスの坪単価でシャーウッドの40坪は坪単価70万から80万円と言われています。
どうして坪単価は明確な金額がでないのかというと、
家の広さや間取り、仕様によって一戸づつ違うからです。

 

積水ハウスの坪単価でシャーウッドの40坪は家をたてる前に分かるのではなく、
家を建ててから分かるものなのです。

 

 

では積水ハウスで過去に家を建てた人は、
どのくらいの坪単価になっているのかというのが、
70万から80万という答えなのです。

 

 

積水ハウスの坪単価と30坪の記事でも紹介しましたが、
全国の平均的な坪単価は35万円前後です。

 

40坪となるとこの平均的な広さよりも広くなるので
価格もそれ以上になります。

 

40坪で坪単価が70万円の場合2800万円。
40坪で坪単価が80万円の場合3200万円。

 

という計算ができます。
しかし実際に支払う金額はそれ以上になります。

 

理由は諸経費が加わるためです。

 

諸経費は家を建てるのに必要な総額の約2割です。

 

つまり2800万の場合だと700万。
3200万の場合だと800万円という計算になります。

 

これを合計すると

 

40坪で坪単価70万の家を建てるのに必要な総額は3500万。
坪単価80万の家をたてる場合4000万円の費用をしなくてはいけない
ということになります。

 

積水ハウスの口コミと評判

 

積水ハウスはハウスメーカーの中でも信頼と安心がもてる会社と言われていますね。でも実際に家を建てるとなると本当に大丈夫なのか改めて気になるところです。

 

 

積水ハウスの口コミを見て事前にチェックしておくと段取りや交渉にも役立ちますね。

 

 

 

  • やはり積水、仕事は無駄がない。
  • 施主の意見の反映漏れ無し。
  • 「積水で建てた」事が外から見ても良く分かる。
  • 営業マンの対応がよかった。

 

基本的に積水ハウスの担当者さんの転勤はないようなのでその分地域の細かな情報まで詳しく知っていることが多いです。

 

 

よい担当者さんについてもらうためにはどうすればよいのかというと
積水ハウスの見積もりを依頼する時に「経験の豊富な担当者さんにしてください。」と指定をすることです。

 

 

そうすることで経験の豊富な担当者さんがついてくれるはずです。
後から担当者さんを変えてください。とは言いにくいですからね。
最初に伝えておくと変な気遣いも必要がなくなります。

 

 

対応地域
北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県

 

積水ハウスの見積もりはこちらから取ることができます。

 

 

 

タウンライフでは積水ハウスの見積もりがとることができます。全国対応なので近くの積水ハウスから見積もりが届きます。また積水ハウスで家を建てようか迷っている方は他社と見積もりを出して比べてみるといいでしょう。タウンライフでは大手ハウスメーカーの見積もりがまとめてとれるので時間の短縮にも繋がります。

 

 

シャーウッド

 

積水ハウスのシャーウッドはゆったりとした癒やしの空間をコンセプトにした住宅です。
シャーウッドは木造の注文住宅のことで積水ハウスの中では人気があります。

 

積水ハウスの特徴は耐震に力を入れていることとアフターがしっかりしていることです。
ここで少し注目したいのが耐震性です。

 

 

耐震と聞くと木造よりも鉄骨の方が耐震性に優れていることが分かります。
しかしシャーウッドは木造住宅です。では耐震性は弱いのかというとそのようなこともありません。

 

 

シャーウッドの一番の特徴は木造住宅でありながら中規模の地震から大きな地震までの
揺れを1/5〜1/15にまで低減させる仕組みができているのです。

 

 

木造耐震ができるのは画期的なことなのです。

 

では木造が耐震につながるのはどうしてなのか?その理由は構造にあります。
ここ数年日本は大きな地震や震災を経験してきました。

 

それよりも前に積水ハウスでは大きな揺れと建物についての実験研究を行なってきているのです。
その結果も十分な物となっているので木造住宅でも高い耐震性を確保しているのです。

 

 

木造住宅は人気があり、木造住宅の欠点である耐震性を高めたことで
人気があるのではないでしょうか?、

具体的な計画がなくても大丈夫です。

まだ注文住宅をどんな風に計画していいのか分からない
そんな方でもカタログだけ集めておくとより具体的なイメージが持てるので
結果的によい家づくりができますよ♪


↓↓こちらで紹介しているサイトが、資料集めに便利なので参考にしてください。↓↓


>>注文住宅のカタログや資料だけを請求したい<<


関連ページ

三井ホームの費用
三井ホームの費用について
大和ハウスの費用
大和ハウスの費用について
タマホームの費用
タマホームの費用について

我が家の体験談 注文住宅ハウスメーカー 注文住宅のうわものにいくらかかったのか? 注文住宅の費用の内訳