建物名義と相続税どうするかで節税効果がある?

家を建てるにはまずは情報収集から始めましょう。 優良ハウスメーカーの無料の資料請求はこちら

注文住宅の建物名義と相続税どうするかで節税効果がある?

新築の建物名義と相続税どうするかで節税効果がある?

 

新築の費用を夫婦で負担するのなら、名義は夫と妻の共有名義にしましょう。

 

負担した費用の割合と異なる登記を行うと、贈与税を課税される場合があります。

 

 

また、共有名義にすることで、税制上のメリットを受けられるときがあります。

 

例えば、夫婦二人とも収入があり、住宅ローンを二人で借りて、
共有名義にした場合には、夫婦ともに住宅ローン減税を受けることができます。

 

また、将来家を売却して利益が出た時には、同居している共有舞儀一人当たり
3000千万円の特別控除を受けることが出来るのです。

 

親からの贈与で家を建てる時も共有名義を検討した方がいいですよ。

 

相続税の関係で相続時精算課税を選択しない場合は、
資金援助した親も負担額に応じて共有持ち分をもつとよいです。

 

贈与税はかかりませんし、相続の際に共有持ち分を相続すれば、
始めに親から住宅資金をもらったことと変わりがないんです。

 

共有名義にして配偶者や子供に財産を分散させることで、
相続税についても有利に働くということですね。

 

 

 

注文住宅費用と相場うわものはいくらかかった?トップページ