家を建てた人のリアルな体験談

注文住宅は高額です。少しでも費用を安くする方法をご紹介します。

どこの会社で家を建てても同じだと思っていたのですが、ある方法をするだけで 驚くほど費用に差がでました。 その方法をこちらで紹介しています

28歳 専業主婦 4000万円

 

リビングをもう少し広くしたらよかったと思うのと、バルコニーを小さくして、もうひとつ洋室を増やせばよなったと後悔しています。 4000万円

 

 

これから先の自分の生活に合わせてプランを考えた方がいいと思います。例えば、子供がまだの家庭だったら、何人子供がほしいか、それに合わせていくつ子供部屋が必要かなどです。家族プランで、リビングの広さも考えないとあとから、もう少し広くしたらよかったとか、大きめの家具をおくスペースがないとか、大家族用の大きなテーブルが置けないとか、そういったトラブルがでてきます。老後もその家にすむ予定であるとか、いずれは両親と同居する予定であるとか、そういったことも考えて、段差や、部屋の数、間口の広さをきめたほうがいいです。

 

40歳 営業 2000万円

 

建ちました。予算内で納得いくものが全て上手くいったことが一番良かったと思います。 1800万円 初めから妥協しないことです。自分達がどんな家を建てたいのか色々考えて下さい。ほとんどの人が一生で一番の大きな買い物です。だからどんどん業者の営業マンにわからないところは聞く、もっと安く済む方法はないかなど諦めずに話した方がいいです。多少の無理は聞いてくれると思います。逆に妥協して家を建てても後から後悔するだけです。こうしておけば良かったとかここをもっとこうしておけば良かった、無駄なのは建てたばかりなのに追加工事リフォームなんてことになりかねません。迷うことに時間をかけて思い描いたマイホームを建てて下さい。

 

 

31歳 販売 2500万 もっと収納のある家を建てればよかったです 2300万

 

 

私はとりあえず家が欲しかっただけなので、旦那さん任せで自分の意見をあまり言いませんでした。なので自分の思い通りの家というものにはなりませんでした。旦那さんの思い描く家でした。収納スペースが少なく、物をしまえる所があまりなくせっかく20畳あるリビングが物で溢れてしまい、かなり狭く感じています。もったいない事をしました。なので収納はかなり必要なので多く作られた方がいいと思います。あと任せっぱなしではなく、自分の意見もどんどん取り入れていった方がいいです。じゃないと、建てた後にかなり後悔すると思います。

 

注文住宅で損をする人、得する人の違い

注文住宅で損する人、得する人の違いはどこにあるのでしょうか?
ポイントは情報収集力です。
損する人は1から2社の情報しか集めない・・・
逆に得する人は最低でも4から6社の情報収集をし、自分の要望が通りそうな会社を選んでいます。
まだ注文住宅をどんな風に計画していいのか分からない
そんな方でもカタログだけ集めておくとより具体的なイメージが持てたり、新しいアイデアやデザインが
ひらめいてくるものです。
結果的によい家づくりができますよ♪

こちらで紹介しているサイトは、情報収集にとても便利です。

↓↓あなたは損する人ですか?それとも得する人ですか?↓↓


>>注文住宅の情報収集を始める<<



我が家の体験談 注文住宅ハウスメーカー 注文住宅のうわものにいくらかかったのか? 注文住宅の費用の内訳