土地購入から家を建てるまでの流れ

家を建てるにはまずは情報収集から始めましょう。 優良ハウスメーカーの無料の資料請求はこちら

土地購入から家を建てるまでの流れ

注文住宅を建てる時土地購入から家を建てるまでの流れについて説明をします。

 

注文住宅の場合にかぎらず家を建てるときには
土地を持っておく必要があります。

 

家を建てると同時に土地を購入する方法と
事前に土地だけを購入しておく方法と2種類あるというわけです。

 

 

どちらがおすすめというわけではなく基本的には予算や家をたてる時期に合わせるとよいでしょう。

 

 

独身の人の場合、「将来的に結婚をして新築を建てる」と決めて
土地だけを購入しておくケースもあります。

 

この場合は購入した時点で固定資産税というものが発生します。
固定資産税とは一戸建てや自分の土地を持っている人にかかる税金のことで
家を建てるときには宅地にたてるのですが、固定資産税も年間で数万円必要になります。

 

 

土地を家を建てるのと同時に行う場合

 

土地を家を建てるのと同時に行う場合には、不動産屋へ行って土地を見つけて
購入をします。土地が購入できればハウスメーカーや住宅施工会社に家を建てる相談をします。

 

ここからが家本体にかかる費用になってきます。

 

家を建てるにはハウスメーカーを見つけるのも半年から1年くらいじっくり時間をかけて
決定させましょう。

 

業者が決まったらそこから3ヶ月から半年くらいかけて家のデザインや仕様間取りなどを細かく
決めていきます。

 

決まれば工事開始です。

 

工事の期間は一般的には半年から1年くらいは必要です。工事の期間は
工事が決められた通り進められているのか?間取りに間違いがないかを時々目視確認する必要があります。

 

 

と、同時に家の中の家具や照明なども決めておくとよいでしょう。

 

 

注文住宅の土地について

関連ページ

新築住宅の土地の探し方
新築住宅の土地の探し方について
注文住宅を建てたいが土地がない場合はどこで聞けばいいの?
注文住宅を建てたいが土地がない場合はどこで聞けばいいの?