注文住宅のバルコニーを屋根に作る場合

注文住宅で失敗しない秘密を公開中です

「たった10分の手間」で 注文住宅で大損することなく 理想の家を建てられたその秘密とは? 728万円も値引きしたコツはコチラ
>> 住宅ローンの見直しで約700万円の節約事例も
注文住宅のことならおまかせ「タウンライフ」

注文住宅のバルコニーを屋根に作る場合

注文住宅のバルコニーを屋根に作る場合にはどんなことに気をつければいいのでしょうか?
屋根に作る場合は、洗濯物を干したり一人でゆっくりとくつろげる趣味のスペースに使ったりできます。

 

バルコニーで重要なことは、雨をさえぎる性能を重視することです。せっかくバルコニーを作っても
雨が入ってしまっては意味がなくなります。また洗濯物を干す場合だと日当たりを考える必要があります。
多くのバルコニーの場合南向きに設置すると東からの日差しや西からの日差しも当たるので洗濯物も乾きやすくなります。

 

バルコニーの広さも2Mから5Mまでと幅広くあるので二階の広さを考慮して作るようにしましょう。

 

4人家族の場合だと3Mがおすすめです。

 

洗濯物も干すことができ物干し竿もぴったりあいます。

 

洗濯物干しと趣味のスペースを同時に撮りたい場合だと4から5Mにすると良いでしょう。

 

 

注文住宅のバルコニー

 

 

注文住宅費用と相場うわものはいくらかかった?トップページ

 

関連ページ

注文住宅のバルコニーの広さはどのくらい?
注文住宅のバルコニーの広さはどのくらい?